オーストラリアのコーヒーはすごいらしい

スタバが撤退したとは?

ワンディショートブラック店内のオーストラリアフラッグ

ちょっと前の話ですが、みんなが知っているスタバがあんまり受け入れられなくて撤退してしまった国があるそうです。

その国は、オーストラリアなのです!

2014年7月ICO(国際コーヒー機関)統計によると、オーストラリアは2013年1年間で一人当たり8.86kgのコーヒーを消費していて、日本は3.51kgなので約2.5倍もコーヒーを飲んでいるようです。たくさん飲んでいるので、きっと舌も肥えているのではないかなと思います♪

ちなみにこの調査で世界で1番コーヒーを消費しているのは、ダントツでルクセンブルクでした!年間で27.85kgなので、オーストラリアの約3.1倍で、日本の約8倍でした(*_*)

オーストラリアといえば?

オーストラリアといえば?①

リラックスしてるコアラ♡

真っ先に思い浮かぶのがかわいいコアラとか、カンガルーかなと思いますが、実はコーヒー先進国♪

今から20年以上前はレストランとかで飲むコーヒーはおいしくなく、種類も少なかったらしいのですが、1950年代からヨーロッパの移民の人たちの間ではお家で本格的なコーヒを飲んでいたそうです✨おしゃれでかわいくておいしいカフェというとなんとなくフランス、イタリアのイメージがありますよね♪

新しいスタイルのカフェ誕生☀️

かわいいラテアート♪

1980年代の後半からイタリア系の移民の人たちによって、ラテとかカプチーノとかそういうコーヒーを出してくれるお店が増えていって、オーストラリアはコーヒー先進国になったらしいです♡

シドニーやメルボルンにはいたるところに小さな個人経営のカフェがあって、朝の通勤途中とか、ランチでコーヒーを飲みながらおしゃべりを楽しんだり、ビジネスマンが商談をしてみたりと、生活の一部に溶け込んでいるとのことです。

お客さんとお店の方の交流があって、温かいおもてなしもあって、お店の方は毎シーズン新しい味を試みたりといったこともあるそうです♪

新しい人たちが新しいことをやって、生活に溶け込んでいって文化になっていくのとか、個人でこだわってお店をやっているのって、なんかいいなって感じます♡

でも、オーストラリアはちょっと遠い(T ^ T)

ワンディショートブラック外観

ちょっと違った本格的なコーヒーをちょっと体験してみたいけど、でもオーストラリアまではいくのはなかなか難しいかも。

でも、そんなコーヒー先進国のオーストラリアの本格コーヒーが静岡で飲むことができます♡

静岡市内で働いていたり、住んでいたりすれば、ちょっとお買い物ついでにいくこともできるし、ランチにもいくことができるところにあります♪

静岡市初のオーストラリアンスタイルカフェ!?

オーストラリアといえば?②

リラックスしてるカンガルー♡

コーヒー先進国オーストラリアのコーヒーは、静岡の七間町にいけば飲むことができます✨カフェのオーナーさんがカフェ激戦区のオーストラリアのメルボルンで修行されたそうで、まさにホンモノ!

オーストラリアコーヒーは、ちょっと濃いめなロング・ブラックとか、エスプレッソなショート・ブラックとか、あわあわのカプチーノとか、色々種類があって迷ってしまうかも?

そんなときは、コーヒー職人なオーナーの方に聞いてみては♪正直ちょっとぶっきらぼうな感じがするオーナーさんですが(ごめんなさい、パッと見そう思っちゃいました)、普通にアイスコーヒーを頼んだ時に、オーストラリアではアイスコーヒーはバニラアイスとホイップクリームがのっているんだよ♪と親切に教えてくれました♡

ランチもスイーツもあって、ゆっくりとできる店内で、リラッックスした時間を本格コーヒーと一緒に過ごしてみては♪

そんな静岡市初のオーストラリアンカフェ『Wandi Short black(ワンディショートブラック)』のお店情報はこちら❤️